川崎市で日帰り白内障手術なら辻眼科クリニック

白内障,川崎,辻眼科クリニック

お問合せ

044-211-8115

白内障手術
毎週、日帰り白内障手術説明会の説明会を行っています!

当院では、日帰り白内障手術の無料説明会を開催しています。
原則として、毎週火曜日の13時より行っています。
なお、説明会は準備の都合上、予約制となりますので、参加ご希望の方は、お電話、またはメールにて、ご予約をお願い致します。

説明会当日は、保険証などの身分証明証をご持参頂いております。

白内障とは

白内障とは、水晶体が濁ってきて、進行すると目がかすんだり、まぶしくなったりして見えにくくなり、視力が低下する病気です。

人の目をカメラに例えると、水晶体はレンズに相当します。したがって、水晶体が濁ると、光がうまく通過出来なくなり、光の乱反射も加わって、カメラのレンズとしての役割が果たせず、かすみやまぶしさを感じることになります。
白内障の原因は、ほとんどの場合、加齢に伴うものです。若い方では40歳代から発症し、80歳代ではほぼ100%の方が白内障を発症します。その他の原因として、最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として比較的若い方の発症も増えてきています。

白内障の治療ですが、薬物療法としては点眼薬があります。ただ、点眼薬は、根治させるものではなく、白内障の進行を少し抑える程度の効果しかないことも報告されています。したがって、唯一の根治法として白内障手術が実施されることになります。

白内障手術前 白内障手術後
白内障手術前 白内障手術後
白内障の治療方法

目薬による治療
現在ある白内障の目薬は、白内障の進行を遅らせる物で、一度進んでしまった白内障を回復させる物ではありません。従って、白内障を根本的に治すには、手術治療しかありません。

手術による治療
仕事や趣味によって日常生活に必要な視力は人によって様々です。
日常生活に支障が出てきたら、手術を受ける時期が近いと考えてよいでしょう。
決して急ぐ必要はありませんが、白内障が著しく進行してからでは、手術を受ける方も医師も負担が大きくなります。最終的には、本人が是非手術を受けたいと思うようになってから決断して下さい。

ただし、あまり進行してしまうと、後述のように、痛みが無く、短時間に終了する、日帰り可能な手術ができなくなる場合があります。

また、白内障が進むと水晶体の厚みが増し、そのせいで急性緑内障発作を起こしたりすることもありますから、むやみに手術を先延ばしにせず、適切な時期に手術を受ける必要があります。

白内障手術の流れ

1.初診日:視力検査・眼底検査等を行い、白内障の有無・手術の必要性について精査します。

2.術前検査:手術の適応があり、手術をご希望される場合は、手術前の検査を受けていただきます(眼軸長の測定・角膜内皮細胞検査・血液検査)

3.説明会:手術前に必ず説明会に参加していただきます。手術の説明、手術前後の注意事項について説明します。

4.手術当日:手術当日は、開始予定時間の90分前に来院していただきます。手術終了後、10分程度休んでいただいて、帰宅可能です。医院滞在時間は、通常2時間程度になります。

新着情報