川崎市で日帰り白内障手術なら辻眼科クリニック

白内障,川崎,辻眼科クリニック

お問合せ

044-211-8115

医療機器紹介
無散瞳眼底カメラ

無散瞳眼底カメラ患者さまにやさしい低光量で撮影、多彩な眼底撮影を可能にする眼底カメラ。
自発蛍光撮影が可能なので、加齢黄斑変性などの加齢による疾患を早期に発見することが可能になりました。また、従来の眼底カメラよりも検査時間が短く済みますので、患者さまへの負担もさらに軽減されます。


オクトパス視野計

オクトパス視野計緑内障や黄斑部検査を行う機器です。主に視野の中心30度以内(緑内障のような視野変化が出やすいといわれている角度)の状態を調べることができます。検査では、特定の位置に明るさが異なる光を点滅させ、光が見えたらブザーを押す、静的視野検査を行います。視神経疾患、脳腫瘍、脳梗塞を早期発見できることもあります。


ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計緑内障やその他の視覚障害などの検査を行う機器です。患者様の視力や年齢にあわせて視標を表示し、眼の見える範囲を調べ、全体の視野の形状を知ることが出来ます。外側から内側に動く光が表示され見えたらブザーを押す、動的量的視野検査を行います。検査結果は緑内障の検査や疾病の診断の他、身体障害者の視覚障害による等級判定にも用いることがあります。


次世代白内障手術装置 センチュリオンビジョンシステム

インフィニティ ビジョンシステム Ozil-トーショナルフェイコ次世代(最新型の)白内障手術装置です。手術中に変化する灌流圧を自動的かつ継続的にモニタリングするシステムを搭載した装置で、眼内圧変動を減少させ、手術のリスクをより軽減できます。これにより、以前よりさらに安全な手術を行うことが可能になりました。


レーザー光凝固装置

マルチカラーレーザー眼科治療で最も多く使用するレーザー治療装置です。一般に用いられているレーザーに比べ、組織に対するダメージを最小限に抑えて、それぞれの疾患に合った波長で行うことのできる機器です。

糖尿性網膜症や網膜静脈閉塞症などの眼底出血の治療や網膜剥離、緑内障の治療などに用います。レーザーの波長や出力を変更することが可能なので病気の種類や眼の状態に応じて最適な状態で治療を行うことができます。

YAG(ヤグ)レーザー

YAG(ヤグ)レーザー後発白内障の治療に使われるレーザーを当てる機器です。ヤグレーザーという光線で後発白内障に一瞬のパルス光を当てることで、白濁した水晶体嚢の中心を破り、光の通り道を造って、濁った後嚢を破って濁りをとばします。これを数回連続して行い、(治療は3分程度)十分な広さの光路を作ることで、いったん下がった視力はまた後嚢が濁る前の白内障手術直後に示した程度の良い視力に戻ります。


IOLマスター

IOLマスター眼球の前後の長さ(眼軸長)を測定する機器です。患者様の眼の屈折異常、瞳孔径、調節力、も測定精度に影響を与えることなく、眼内レンズ値を素早く正確に計算する機能を持っています。また、角膜傷害及び各種感染症の危険性を除去することで、患者様に対して極めて高い安全性を保証します。IOL マスターは白内障手術のために、最大の機能を提供し、眼内レンズ挿入後のクオリティオブライフを向上させる新技術です。


Cirrus HD-OCT(カールツァイス社)

Cirrus HD-OCTOCT(光干渉断層計)は、近赤外光(波長840nm)を利用して網膜の断面図を解析する装置です。当院では、最新式のCirrus HD-OCT(カールツァイス社)を導入しています。5ミクロンという高解像度で網膜各層を極微細に描出するので、眼底写真よりもっと詳細な診断が可能です。撮影は非接触で行い、フラッシュ等による眩しさはなく、5分程度で終わります。加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫、緑内障の疾患に対し高精度な画像を提供します。

ノンコンロボ(KONAN)

ノンコンロボ(KONAN)角膜内皮細胞(黒目の内側の細胞)を調べる器械です。角膜内皮細胞をデジタル画像として撮影し細胞密度の計測を行い、その変化を観察します。それにより、細胞の大きさや形で黒目の傷み具合がわかります。他の検査機器では捉えられない傷みが分かるので、白内障などの眼科手術前後にはこの機器での検査は必須となります。


TMS-4(TOMEY)

TMS-4(TOMEY)角膜の形状を定量的に測定し、グラフィカルな解析を行う、角膜形状解析検査を行う装置です。同心円状の何本もの線を角膜に投影することにより、角膜の中央から周辺部までの形状を観察します。早期の円錐角膜、コンタクトレンズ装用による角膜変形、角膜不正乱視などを見つけることができます。

オートレフケラトメータ ARK-530A(NIDEK)

オートレフケラトメータ屈折計と角膜計の2つの機能を持った、眼球の屈折を測定する機器です。近視・遠視・乱視の程度のほか、角膜(黒目)の形状を計測します。角膜のカーブの具合を測定して、角膜の屈折力を調べます。白内障手術のほかにも、LASIK・コンタクトレンズ処方等の際に必要となります。


新着情報