川崎市で日帰り白内障手術なら辻眼科クリニック

白内障,川崎,辻眼科クリニック

お問合せ

044-211-8115

目の病気
眼科一般

ものもらい、花粉症、ゴミが入った等の診察、治療

外科処置

日帰り白内障手術、ものもらいの手術、レーザー手術全般(緑内障、糖尿病、網膜剥離)

白内障

白内障とは、水晶体が濁ってきて、進行すると目がかすんだり、まぶしくなったりして見えにくくなり、視力が低下する病気です。 人の目をカメラに例えると、水晶体はレンズに相当します。

したがって、水晶体が濁ると、光がうまく通過出来なくなり、光の乱反射も加わって、カメラのレンズとしての役割が果たせず、かすみやまぶしさを感じることになります。

>>白内障の詳細はコチラから

加齢性黄斑変性

年齢を重ねると身体のいろいろなところで病気がでてくることがあります。加齢黄斑変性もその一つで、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。加齢黄斑変性は一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。

>>加齢性黄斑変性の詳細はコチラから

緑内障

ハンフリー視野計緑内障は、「眼球内部の圧力(眼圧)の上昇により、視神経が圧迫されて視野(見える範囲)を狭くする病気」と定義されています。しかし、近年になって眼圧が正常であるにもかかわらず、視神経が障害される「正常眼圧緑内障」があることが分かりました。
特に、日本人に多いとされており、注意が必要です。
近年行われた大規模な調査では、わが国には「正常眼圧緑内障」の人が40歳以上ですと17人に1人の割合で存在することがわかりました。従来考えられていたよりもずっと多くの方が緑内障である可能性があるということがわかったのです。緑内障=失明というわけでなく、多くの方は適切な治療、管理 を行うことにより、視力を維持できます。そのためには初期段階での治療開始が重要で、検診の重要性が唱えられています。
当院では、緑内障検診に必要な視野検査(ハンフリー視野検査)が随時可能です。

糖尿病の診断・治療

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の第一位となっています。
網膜は眼底にある薄い神経の膜で、ものを見るために重要な役割をしています(図1)。網膜には光や色を感じる神経細胞が敷きつめられ、無数の細かい血管が張り巡らされています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したりつまったりします。血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。新生血管はもろいために容易に出血を起こします。

網膜剥離

網膜剥離になった場合、症状が軽い場合はレーザー治療で完治ができます。

網膜剥離は、3つ分けることができます。まず、裂孔原性網膜剥離といわれる、網膜に穴があき、ガラス体の水が中に入って網膜が浮き上がってはがれてくるもの、牽引性網膜剥離は、糖尿病が原因となって剥離が起こるもの、滲出性網膜剥離といい、炎症などが原因となり網膜剥離が起きるものがあります。

レーザーの特性・作用の中の組織を凝固する力と切除する働きのために、眼科での治療にはレーザーがよく使われます。

網膜剥離は適切な治療を行わないと失明してしまう恐ろしい病気です。網膜剥離を起こし、網膜に穴があいている状態であるが、はがれていない場合はレーザー治療をします。

入院の必要はなく、通院で治療することができます。15分前後で終わり、その日から入浴やテレビを見るなど日常生活が送れます。レーザーを照射して焼くのですが、ほとんど痛みはありませんが、手術後少し痛みがある人もいます。

やけど部分が固まるまでに一ヶ月ほどかかりますので、その間は激しい運動は避けなければなりません。また、3週間から1ヶ月は、経過を観察してください。

めがね・コンタクトレンズ処方

当店の商品は正規の日本法人が輸入した商品を仕入れて販売しておりますので、全てのレンズに保障がございます。

子供の視力検査

当院は、視力検査はすべて専門の『視能訓練士』が行っていますの、正確な検査が可能です。

斜視・弱視の検査

ハンフリー視野計当院では、常勤の視能訓練士2名・非常勤2名の計4名の体制で、斜視・弱視の検査、訓練・眼鏡の処方を行っております。また検査機器(シノプト他)も充実しておりますので、安心して検査・治療を受けていただくことができます。
斜視の検査は非常に時間がかかります(視能訓練士が1対1で検査をします)ので、予約制とさせていただいております。受診の際は、あらかじめ予約を取っていただきますよう、お願いいたします。

ドライアイ

当院では、ドライアイに対し、点眼治療・自己血清点眼、涙点プラグなど最新の治療が可能です。

>>ドライアイ・涙点プラグの詳細はコチラから

新着情報